男性

一人暮らしにピッタリな賃貸物件探しのコツを伝授

敷金・礼金の相場

マンション

賃貸物件を契約する場合は、初期費用が必要になります。これは敷金と礼金に、当月と翌月の家賃を足したものです。しかし最近では、この2つともなしの物件があります。入居しやすいのですが、その代わり退去時のクリーニング費用が自腹になったり、家賃が割高になったりします。また保証金が必要になることもあります。

詳しく見る

敷金がない賃貸物件とは

模型

賃貸物件は初期費用が結構かかりますが、敷金なしの物件を探すと費用が安く抑えられます。また大家さんにとっても、借り手が多いというメリットがあります。しかしその一方で物件数が限られますし、原状回復の費用が出ないため、自分でお金を払って業者を入れることになりますので、入居時にはその点に気をつけましょう。

詳しく見る

賃貸物件選びにあたって

集合住宅

数週間や数ヶ月程度の中長期の単身赴任が決まり、賃貸物件を探しているのなら、ウィークリーマンションやマンスリーマンションを探してみるといいでしょう。一般的な賃貸物件と違い、週や月単位での契約を交わすことができ、初期費用の大幅な節約や家具家電を購入する費用の節約が可能といったメリットもあります。

詳しく見る

新たな生活を快適な部屋で

建物

社会人でも大学生でも

中央区には単身者向けの賃貸マンションやアパートが豊富にあるので、中央区で一人暮らしを考えている方は、スムーズなお部屋探しができます。資金に余裕がある社会人の方は、設備が整っているマンションを選ぶ手もありますし、大学生の方なら、比較的低予算でも借りられるアパートが最適です。中央区の賃貸マンションの場合、1Kや1DKでも、洗濯機置き場が設けられていたり、バストイレが別になっている、間取りに余裕がある物件が多く出ています。家賃は物件によって様々ですが、1Kであれば10万円を切る金額で借りることもできます。アパートの場合はワンルームの物件が充実しており、家賃設定は、5万円から6万円代といったところです。最寄り駅まで徒歩5分程度の立地が多く、どのアパートも利便性に優れています。

ロフト付き物件を考える

社会人や大学生の方が単身者向けの賃貸物件を借りる場合、もう少しスペースが欲しいけれど予算的に難しいという方もいらっしゃるでしょう。一人暮らしともなれば交友関係も広がりますし、会社の同僚や友人を部屋に招く機会も増えてくると思われます。スペースをできる限り確保したい場合は、ロフトが付いているタイプの賃貸マンションに絞って選ぶ手もあります。中央区には単身者向けのロフト付き賃貸マンションやアパートも存在しているので、不動産屋さんに相談してみましょう。ワンルームであれば6万円代から、1K、1DK、1LDKなら10万円代の予算で借りることが可能です。中央区の賃貸物件は、学生から社会人まで様々な方向けのものが揃っているので、どなたでも利用できます。