賃貸物件選びにあたって|一人暮らしにピッタリな賃貸物件探しのコツを伝授
ウーマン

一人暮らしにピッタリな賃貸物件探しのコツを伝授

賃貸物件選びにあたって

集合住宅

週や月単位の契約が可能

数週間から数ヶ月程度の期間の単身赴任に赴くことが決まり、その際の滞在先として賃貸物件を借りる必要が生じたのなら、ウィークリーマンションやマンスリーマンションを借りてみてはいかがでしょうか。通常の賃貸物件は、少なくとも1年契約、より一般的には2年の契約を交わすケースが大半を占めています。その一方、ウィークリーマンションやマンスリーマンションなら、その名の通り週単位や月単位の契約を交わすことが可能になっているため、期限が決まっている中長期の単身赴任にピッタリの選択肢になっています。また契約にあたって必要になる初期費用を大幅に節約できるという点も、重要なポイントになるでしょう。数十万円単位のまとまった現金を準備する必要がなくなるため、より気軽に契約を交わしやすくなっているのです。

家具や家電が備え付け

さらにもうひとつのメリットとして、ウィークリーマンションやマンスリーマンションには、日常生活に必要となる家具や家電が、一通り備え付けられている物件が多くなっている点を挙げることができます。たとえば冷蔵庫や洗濯機などの白物家電などは、大半の物件に備え付けられています。単身赴任に当たって、これらを購入する手間と費用を節約できるのはもちろんのこと、引越し作業にあたっての手間を減らしたり、必要を節約することも可能になるのです。長くても数ヶ月程度の単身赴任に出る為に、これらの家具家電を新たに買い揃えるのは意外と大きな出費になってしまうため、このメリットを積極的に享受してみるといいでしょう。もちろん、物件によって備え付けの家具家電は代わってくるため、必要な物を見極めて、その分だけ毎月の家賃を浮かせることを考えることも肝心です。