敷金がない賃貸物件とは|一人暮らしにピッタリな賃貸物件探しのコツを伝授
ウーマン

一人暮らしにピッタリな賃貸物件探しのコツを伝授

敷金がない賃貸物件とは

模型

費用が安いのがメリット

賃貸物件に引っ越したいけれど、お金がかかりそうで、なかなか実行に移せないということはありませんか。確かに賃貸物件は、初期費用を払わないと入居ができません。この初期費用というのは、敷金と礼金、前家賃、そしてその月の家賃を込みにしたものです。敷金と礼金は、それぞれ家賃2か月分ほどになりますので、家賃が6万円であった場合、30万円から40万円はかかると考えていいでしょう。しかしこの費用を、できるだけ抑える方法もあります。それは敷金なし、礼金なしの物件を探すことです。特に敷金なしの場合は、もし短期で退去して違約金を払ったとしても、そちらの方が安くつくこともあります。また大家さんにしても、敷金なしにすると借り手が増えるというメリットがあります。

こういう点に気をつけて

敷金なしの物件にはもちろん難点もあります。まず物件数が非常に限られます。自分の希望に合う物件で、礼金なしの物件はあっても、敷金なしというのはなかなか見つかりません。それから敷金というのは、入居時、あるいは退去時に物件に生じたダメージを、カバーするための資金として使われるものですが、敷金なしの場合は、もちろんそれがありません。特に退去時には原状回復といって、次に借りる人のために、入居した時とできるだけ近い状況にしておく必要があります。しかし敷金なしの物件ではそれもないので、退去する人が自分でお金を出して、クリーニング業者などを頼むことになります。そのため、入居した時にお金がかからないと安心して、次の引越しの際に手元に引越し資金がないという事態にならないように気を付けましょう。敷金なしの物件を探すためには、住みたい地域にある不動産会社を訪ねるのが一番です。地域で希望に沿う物件を探してくれます。