敷金・礼金の相場|一人暮らしにピッタリな賃貸物件探しのコツを伝授
ウーマン

一人暮らしにピッタリな賃貸物件探しのコツを伝授

敷金・礼金の相場

マンション

初期費用は抑えられますが

賃貸の物件を契約すると、まず初期費用というものを払います。この初期費用の内訳は敷金と礼金、それからその月の家賃と、翌月の家賃です。敷金と礼金は、家賃の2か月分と設定されていることが多く、そのためこの初期費用は、それ相当の額になります。家賃が7万円くらいだと、大体40万近くかかり、何かと物入りの多い住み替えでは、かなり頭を悩ませることにもなります。そのため最近では、敷金なし、礼金なしの物件もあります。これですと、初期費用のうちの半分以上が不要になるため、負担もかなり少なくてすみ、その分を他の費用に回すこともできます。その意味でもかなりメリットが多いわけですが、もちろん敷金と礼金なしの物件は、それなりのデメリットもあります。それは、どのような点なのでしょうか。

その他で費用がかかります

そもそも敷金と礼金の場合、礼金は戻って来ませんが、敷金は退去時に戻って来ます。つまり入居する際に、大家さんに預けておくお金と考えればいいわけです。もちろん全額戻って来るわけではなく、一部は退去時の部屋のクリーニングなどに使われます。つまり敷金なしの物件を契約すると、退去時のクリーニング費用を、自腹で払わなければならないという点に気をつけましょう。またこの2つがない代わりに、保証金が必要になる物件もあります。これは、部屋探しをする時に、不動産会社の人から言われることもありますので、その点にも注意しておきましょう。また敷金はあるけれど、礼金なしの物件というのも最近増えています。礼金とは大家さんに納める一時金ですが、これも高くつくため、入居者を募るために廃止している大家さんもいます。